高齢者向けの住宅


高齢者向けの住宅は、バリアフリーに対応した普通住宅から、
食事などの日常生活サービス提供にとどまらず、
介護・看護サービス・医療面でのサポート・
必要なリハビリテーション等が受けられるものまで
幅広く存在します。

高齢者住宅のサービスも多様化してきました。

簡単に挙げるだけでも、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、
養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、
老人保険施設、介護老人保険施設、グループホーム、
ケアハウス、高齢者マンション、
シニア向け住宅(シルバーハウジング・シルバーマンション)、
公社と連携した高齢者向け優良賃貸住宅、
などいろいろあります。

場所も大切な要素です。

高齢者住宅を探す前に、まずは、しっかりと、
受けたいサービス内容やサービス料金等を
検討することが大切です。

高齢者住宅


高齢者住宅」と一口に言っても、用途や目的、
入居者の要介護度、サービス内容、滞在期間等に応じて
様々な種類があります。
まずは、入居する人の希望や状態を考慮して、
しっかり比較検討しましょう。

高齢者住宅というと金銭的なところから考える人が多いですが、
さまざまな角度から検討することが大切です。

高齢者住宅専用のタイプとしては、
有料老人ホーム、軽費老人ホーム、養護老人ホーム、
特別養護老人ホーム、老人保険施設(介護老人保険施設)、
グループホーム、ケアハウス(介護利用型)、
高齢者マンション、シニア向け住宅(シルバーハウジング・
シルバーマンション)、公社と連携した高齢者向け優良賃貸住宅、等々があります。

高齢者住宅の中では、特別養護老人ホーム等は
入居希望者が多く、一般的に入所待ち時間も
長くなる傾向があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。