介護保険制度


介護保険制度は、平成9年(1997年)に公布され、
2000年からスタートした「介護保険法」に
もとづくもので、国民からの保険料などを財源として、
高齢者や要介護者に介護サービスを提供するという
社会保障制度です。

導入当時は、いろいろな問題がでてきました。

介護保険制度によって、給付と負担の関係が
明確になったことに加え、社会全体で、介護が必要な
高齢者等を支えるシステムが確立しました。

介護にかかるサービス料金の1割が自己負担で、
9割は保険や公費からサービス提供業者に
支払われることになっています。

最近は、スムーズにいっているようです。

介護保険制度

介護保険制度とは、「国民すべてが加入して保険料を支払い、
自分が介護が必要になった場合には、
その程度に応じて給付を受けることができる」
仕組み(社会保障制度)のことを指します。

介護保険制度は、介護保険法(2000年から施行)に
基づいていて、介護費用はその1割が介護サービスの
利用者の自己負担となり、残りの9割は保険料や
公費から支払われることになっています。

介護保険制度を利用したサービスを受ける場合には、
まず、本人か家族が、市町村に、
要介護認定申請を行う必要があります。

よく調べてみましょう。



介護保険施設

介護保険法(1997年)の制定により、
この「介護保険施設」(介護老人保険施設などの介護施設)が
作られました。

介護老人保険施設は
どういう人が利用しているかというと、
介護が必要な高齢者で病状が安定していて、
リハビリ等の機能訓練が必要な人たちです。

もちろん、必要な医療、日常生活における
身の回りの世話等の援助も受けられます。

利用する介護老人保険施設の種類や、
介護度によって、標準的なサービス料金もかなり異なるので、
まずは、サービスを受ける前に、よく調べてみましょう。

医学的な管理下で長期間にわたる療養・介護が必要な人の場合には、
介護保険法で同様に定められている
介護療養型医療施設などの施設もありますので、
介護者の健康状態を専門員等に伝え、相談することが大切です。

介護老人保健施設


介護を必要とする人に対して、
身の回りの世話にとどまらず、
看護、医学的な管理に基づく介護
リハビリなどの機能訓練等の必要な医療を行う施設を、
介護老人保健施設」です。

だんだん増えてきました。

介護老人保健施設を利用する基準は、
病人の場合、病状が安定期にあり、
リハビリテーションを中心とした看護等を
必要としている人です。

介護保険法に基づいて、
都道府県知事が指定している護保険施設には、
この「介護老人保健施設(介護老人保険施設)」のほかに、
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、
介護療養型医療施設(療養型病床群等)などがあります。

在宅介護


在宅介護というのは、
自立した日常生活を送ることが困難な高齢者等のために、
家族やホームヘルパー等の専門家が、
要介護者の住居において行うサービスのことです。

家族のもとを離れ、介護施設に入って
専門的な介護を受けるよりも、住み慣れた自宅での
介護を希望される方は少なくありません。

介護保険法では、これらの、施設介護によらない
介護サービスについても規定を定めており、
ホームヘルパーによる訪問介護やデイサービス、
グループホームやケアハウス、ショートステイなども
在宅サービスに含まれます。

要介護者の希望を尊重できるといいですね。

在宅介護と施設介護


この2つは、介護保険制度で定められています。
在宅介護には、ホームヘルパー等に
よる訪問介護やデイ-サービスなどがあります。

介護を要する高齢者・病人と、
要介護者を擁するその家族を対象とした在宅介護支援
センターも、平成2年度より特別養護老人ホームや
病院などに併設され、在宅介護に取り組む家族と、
高齢の在宅者をバックアップしています。

地域で取り組むところも増えてきました。

ショートステイやケア-ハウス(老人ホーム)、
グループ-ホームといったスタイルも、
在宅介護のカテゴリーに入ります。




訪問介護

訪問介護は、
社会の高齢化に対応するために2000年に施行された
介護保険法に基づいて行なわれるサービスで、
ホームヘルプサービスなどとも呼ばれています。

訪問介護を扱う企業も増えてきました。

核家族化が進んだこと、主
婦も働かなければ生活できなくなったことなどから
訪問介護のニーズが高まっています。

訪問介護では、介護福祉士ホームヘルパー等が
要介護者・要支援者のいる家庭を訪問して、
身体介護や入浴・排せつ・食事等の家事援助をおこないます。

高齢化社会の進行に伴ってますます需要が
高まっていくでしょう。

訪問介護員となるには、
訪問介護員養成研修の課程を修了し、
介護保険法施行令の中で定められた資格を
取得する必要があります。

介護福祉士ホームヘルパーなどの資格を持つ専門員が、
自宅で療養している高齢者や病人を訪問して、
身体介護や入浴・排泄の介助、
食事等の家事援助などを行なうのが
「訪問介護(ホームヘルプサービス)」です。

特別養護老人ホームやデイ-ケア-センターなどの
福祉施設で行なわれる施設サービスの対象者よりも、
比較的軽度な要介護者が対象となっています。

訪問介護サービスは、少子化や核家族化、
そして社会の急速な高齢化が進む中、要介護者を
抱える家族にかかる負担の軽減に役立っています。

しかし、自分の身内に介護してもらいたいという
要介護者の希望や、わがままな要看護者がいてつらい、
という訪問介護にたずさわる人の声もあり、
訪問介護にも表面にでてこない問題もあるようです。

きちんと資格を持っている人がどうか、
確認をしてサービスを受けましょう。



介護の意味

介護というのは、寝たきりの高齢者や病人、障害者など、
日常生活に支障がある人の自立のために、食事・排泄などの
身の回りの世話や介抱などの行為をすることです。

介護は、社会的に重要なテーマになっています。

介護という言葉は1970〜1980年代によく使われるようになり、
さらに、社会の高齢化にともなって2000年に施行された介護保険法により、
高齢者の在宅サービスや保険制度が社会に浸透してきました。

介護については、まだまだこれからという感じもあります。

介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー(介護支援専門員)等の
専門職も注目を浴びています。

大変な仕事ですが、重要な仕事です。

介護サービスを利用するには、要介護認定を受ける必要があり、
その段階によって要介護度も区分されています。

介護の状況

高齢化社会の現在、介護は重要なテーマです。

介護とは、日常生活に支障のある高齢者や病人、障害者等の、
生活上の世話・支援をすることです。

介護の仕事には、介護福祉士や、ケアワーカー、
ケアマネージャー(介護支援専門員)ホームヘルパー等の方が
あたられています。

最近注目の職業・資格のようです。

介護には、介護保健法で定められたサービスがあります。

訪問介護やデイ-サービスなどの在宅サービスと、
特別養護老人ホームやデイケアセンターなどの福祉施設でのサービスの2つ。


介護される側である要介護者は、介護保険法に基づいた
介護サービスを受けるために、要介護度5〜1、
要支援といった段階に分けられています。

介護の問題としては、高齢化社会や核家族化・少子化が進んだため、
日本の介護観も大きく変化しており、家族の負担の問題もでてきています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。