在宅介護と施設介護


この2つは、介護保険制度で定められています。
在宅介護には、ホームヘルパー等に
よる訪問介護やデイ-サービスなどがあります。

介護を要する高齢者・病人と、
要介護者を擁するその家族を対象とした在宅介護支援
センターも、平成2年度より特別養護老人ホームや
病院などに併設され、在宅介護に取り組む家族と、
高齢の在宅者をバックアップしています。

地域で取り組むところも増えてきました。

ショートステイやケア-ハウス(老人ホーム)、
グループ-ホームといったスタイルも、
在宅介護のカテゴリーに入ります。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。