訪問介護

訪問介護は、
社会の高齢化に対応するために2000年に施行された
介護保険法に基づいて行なわれるサービスで、
ホームヘルプサービスなどとも呼ばれています。

訪問介護を扱う企業も増えてきました。

核家族化が進んだこと、主
婦も働かなければ生活できなくなったことなどから
訪問介護のニーズが高まっています。

訪問介護では、介護福祉士ホームヘルパー等が
要介護者・要支援者のいる家庭を訪問して、
身体介護や入浴・排せつ・食事等の家事援助をおこないます。

高齢化社会の進行に伴ってますます需要が
高まっていくでしょう。

訪問介護員となるには、
訪問介護員養成研修の課程を修了し、
介護保険法施行令の中で定められた資格を
取得する必要があります。

介護福祉士ホームヘルパーなどの資格を持つ専門員が、
自宅で療養している高齢者や病人を訪問して、
身体介護や入浴・排泄の介助、
食事等の家事援助などを行なうのが
「訪問介護(ホームヘルプサービス)」です。

特別養護老人ホームやデイ-ケア-センターなどの
福祉施設で行なわれる施設サービスの対象者よりも、
比較的軽度な要介護者が対象となっています。

訪問介護サービスは、少子化や核家族化、
そして社会の急速な高齢化が進む中、要介護者を
抱える家族にかかる負担の軽減に役立っています。

しかし、自分の身内に介護してもらいたいという
要介護者の希望や、わがままな要看護者がいてつらい、
という訪問介護にたずさわる人の声もあり、
訪問介護にも表面にでてこない問題もあるようです。

きちんと資格を持っている人がどうか、
確認をしてサービスを受けましょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。